コメントを管理人(マミー☆)にのみ送りたいと思われる場合は、最新記事のコメント欄に書き込んでくださいませ。そして、非公開希望とお書き添え下さったら、公開はいたしません。承認制にしておりますので、御安心くださいませ。 メールアドレスを記載して下さったら、直接お返事差し上げます。

2019年11月09日

不安症だったと思う

人格障害のサイトを見ていた。以下引用

  • A群(奇妙で風変わりなタイプ)
    • ・妄想性パーソナリティ障害 (広範な不信感や猜疑心が特徴)
    • ・統合失調質パーソナリティ障害 (非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴)
    • ・統合失調型パーソナリティ障害* (会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠くことが特徴)
  • B群 (感情的で移り気なタイプ)
    • ・境界性パーソナリティ障害 (感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴)
    • ・自己愛性パーソナリティ障害* (傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわるのが特徴)
    • ・反[非]社会性パーソナリティ障害 (反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴)
    • ・演技性パーソナリティ障害 (他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴)
  • C群 (不安で内向的であることが特徴)
    • ・依存性パーソナリティ障害 (他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴)
    • ・強迫性パーソナリティ障害 (融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴)
    • ・回避性[不安性]パーソナリティ障害 (自己にまつわる不安や緊張が生じやすいことが特徴)
コピペしたら字が大きくなってしまった。

一番最後の不安性パーソナリティ障害が一番あの子に当てはまるかなと思った。
不安感を持ちやすいタイプだったと思う。少なくとも私に比べたらずっと。私は基本的に楽観的なので。

だから安心させる必要があったし、危険に近づくことは避けさせる必要があった。長女は危険には近づかないタイプだけれど、次女は無防備なところがあったから。

守ってやらないといけなかったなあと後悔。特に危ない男どもからは。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
posted by マミー☆ at 05:24| Comment(0) | 感じていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡くなる人を見るのが辛かったんだね

街の小児科医になれていたら、あの子は生きていけたんじゃないかと思う。予防注射とかするのがいいなあと言っていた。孫もこの前、インフルエンザの注射を受けてきた。おじいちゃん先生とおばあちゃん看護師さんの医院だったらしい。小さな子供相手にまったりしたかったに違いない。ガツガツは嫌いな子だった。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
posted by マミー☆ at 03:41| Comment(0) | 感じていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

ほくろ

「○○○(妹の名前)は膝の裏にホクロあったよね」と長女が電話で言った。
「そうやったかしら? そんな気もするけど…。なんで?」
「○○くん(孫の名前)の膝の裏にホクロがあるんだよね」

長女も、もしかしたら?なんて考えることもあるのかな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
posted by マミー☆ at 20:33| Comment(0) | 感じていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

前世?

全く変な夢を見た。

自分は中年の冴えないオジサン。でっぷりしてハゲもあるような気がした。有名な歌舞伎役者の知り合いもいるようで、なにか舞台関係の仕事をしているような。貯金は150万円だと思う。

女に惚れ込む。ちょっと場末の女のような感じだが若くもなく、少しだけ年増。なかなかの美人。あまり世間擦れはしていない雰囲気だが、どことなくだらしない様子が見てとれる。
その世間擦れしていない雰囲気に惚れた。二人の友人に紹介するが友人はあまり良い顔をしていない。その場には居ない友人の歌舞伎役者はコテンパンにその女を貶す。しかし自分は愛しているので、その女に惚れ込む自分の純粋な気持ちを二人の友人に話す。友人達は渋い顔。

ところがふと女の怖い面を感じる。一晩寝て考えるが、やはりこの付き合いはやめたほうが良さそうだとどうしても思えてきた。

その女に別れ話を持ち出すと、その女は豹変。実に怖い女だった。復讐のために自分の仕事場まで脅迫してきそうな勢い。少額の貯金しかない自分だが、その貯金をアテにしていたようだった。

どうにか別れられたが、仕事が上手くいかなくなり、場末の呼び込みバイトなどを掛け持ちする生活。しがない生活に不安をおぼえ、つくづく人生の侘しさを感じる。嫌になって目が覚めた。

とてもリアルだった。もしかして、私の前世は彼だったの?と思った。 今の人生のほうがだいぶいい。 世の中、そういう人たちも沢山いらっしゃるはずだなあ。辛い。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
posted by マミー☆ at 06:31| Comment(0) | 感じていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

お友達

あの子の昔のお友達が突然、お電話を下さった。あの子からは○○○ちゃんは優しいと聞いていた。あの子の友達は優しい子が本当に多い。

お悩みの御相談だった。きっと生きていたら娘に電話をしてくださっただろう。
私には娘からの電話に思えた。

きっと彼女はこれからも一生懸命生きていけると思う。ちゃんと人に助けを求められるし、しっかりと原因を分析もしてらしたから。

生きていくのは、なかなか大変なこと。でも、生きてて良かったと思える時は絶対にあるし、大丈夫。必ずうまくいく。ちゃんと生きてさえいれば。

あれだけバッシングを受けた雅子様が、今は穏やかににこやかに微笑まれて、一生懸命、皇后として務めておられ、賞賛が寄せられている。我慢して耐えて、ちゃんと生きていれば大丈夫。悲観しなくていい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
posted by マミー☆ at 04:06| Comment(0) | 感じていること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする